銀行借入審査について

私は以前銀行に勤めていました。
パート先の学生に、キャッシングしたい学生におすすめなのはどこ?と良く聞かれます。
アルバイトをしていない友達でも即日借りられるところってあるの?という質問もあります。
学生が借りられる大手で金融機関はいくつかあります。

カードローンの中でも近年利用者が増えているのが銀行系のカードローンです。
金利が低く限度額も大きいということで、人気が高くなっています。
銀行系のカードローンは総量規制の対象外ですので、所得額の1/3を超える借り入れ総額であっても利用できる点もポイントです。
銀行借入では従来、審査に時間がかかるというイメージがありました。
しかし最近ではネット申込みで最短30分で審査結果がわかるものも出てきています。
専業主婦でも借りれるカードローンでもネット申込が可能ですから家事の合間に申込手続きを行い、審査中に家事の続きをすることも可能です。

借入における審査では、利用者の返済能力を重要視します。
これはつまり年収がポイントとなるこということです。
金融機関にとっては貸したお金を毎月確実に返済してもらえる人物なのかが重要なのです。
カードローンでは一括返済をする以外は、大体が月々一定額を返済していくシステムです。

ですから年収が高いというだけでなく、毎月の収入が安定しているのかが重要になります。
月収が少なくても確実に入る人は、審査に通る可能性は十分にあります。
逆に年収が多くても月々一定額が見込めない人の場合、評価が良くないケースもあり得ます。
職場での勤務年数も考慮されます。
住まいが持家かどうかや、居住年数がポイントになることもあります。

また大きなポイントとして、過去の借入についてと現在の借入状況がチェックされます。
過去に延滞などの金融事故がなかったか、現在他社からの借入があるのかという点です。
審査では個人信用情報というものを確認して判断材料に用います。
申込みの際には以上の点をふまえながら、申込書を正確に記入することも重要です。